中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えで…

中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えできるようなコンテンツをご提供します。経済、経営、法律、会計、税務、検定・資格等。(旧:中央経済社note編集部)

リンク

マガジン

  • 旬刊経理情報|会計・税務・法務・経営企画のニュースと解説

    会社実務情報誌『経理情報』(https://www.keirijouhou.jp/)のnote出張版です。 タイムリーに新制度・実務問題の解説をお届けします!

  • 税務弘報

    「税務弘報」は、税制改正はもちろん、税務問題の解説、周辺知識を取り込んだ月刊誌です。税理士、税理士事務所の職員、経理部・総務部員、税務職員、会計研究家の方に特にお薦め。 定期購読のご案内:https://www.chuokeizai.co.jp/koudoku/tax.html バックナンバー:https://www.biz-book.jp/books/category/76

  • ビジネス法務

    「ビジネス法務」は1998年に中央経済社が創刊した企業法務の専門誌です。 創刊以来、机上の議論に終始せず、常に実務・実学の視点を取り入れた誌面づくりを重視し、企業法務の発展と共に歩んで参りました。 近時、国際競争力を高めるためのコーポレート・ガバナンス改革、コンプライアンス概念の敷衍、労務管理にまつわるリスクの高まり、国際的なデータ保護規制への対応など、企業法務を取り巻く状況変化には目覚しいものがあります。 それに伴い、法務部員・弁護士に求められる業務範囲・能力も拡大・多様化しています。 変動の時代にあっても、常に「現場の課題」によりそった誌面作りを目指します。 https://www.chuokeizai.co.jp/bjh/

  • 書籍連動有料コンテンツ

    中央経済社の書籍をさらに活用するための各種コンテンツを販売しています。

  • メタバース・ビジネスの歩き方

    ビジネスにどう活用可能なのか? という観点から、ロマンが尽きないメタバースの歩き方を提案します。 [著者] 東海林正賢(Jazzy Business Consulting株式会社 代表取締役・一般社団法人オルタナティブデータ推進協議会 代表理事) 新卒で外資系システムサービス会社へ入社し、新規事業開拓を担当。2015年にコンサルティング会社に転職。フィンテックに関する専門組織を立ち上げ、統括パートナーとして組織をリード。2021年に一般社団法人オルタナティブデータ推進協議会を立ち上げ、代表理事に就任(現任)。2022年に独立し、Jazzy Business Consulting株式会社(https://jazzybiz.co.jp/)を立ち上げ、代表取締役に就任(現任)。

最近の記事

  • 固定された記事

『スタートアップ企業の税金ToDoリスト』出版記念オンラインセミナー|2024年6月19日(水)15時~16時【Zoom開催】

本の内容から税理士の仕事のことまで、著者の油谷氏に何でも聞ける! 本セミナーでは、参加者の皆さまからお寄せいただくご質問に、著者が時間の許す限りお答えします。企業の経営者ならではのお悩みから、開業間もない税理士の不安や税理士事務所スタッフの気になることまで、何でもOK。 ぜひこの機会に、日ごろのモヤモヤを解決しましょう! ■講師紹介油谷 景子 氏(あぶたに・けいこ) 税理士 油谷景子税理士事務所代表。平均年齢60歳以上の税理士業界では若手。業界歴は15年以上。個人事務所、

    • 『スタートアップ企業が最速最短で上場する方法』『Cookieポリシー作成のポイント』など全7点! 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月27日~6月2日)

      2024年5月27日~6月2日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 5月28日(火)発売 5月30日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #

      • 《特集》6月第1四半期に向け確認を四半期開示見直しにおける規定等のポイント/2024年6月1日特大号(通巻No.1711)目次

        5月20日発売の旬刊『経理情報』6月1日特大号(通巻No.1711)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。 〔特集〕6月第1四半期に向け確認を 四半期開示見直しにおける規定等のポイント第1章 新法令解説 四半期報告書制度廃止等に係る金商法等改正の概要 第2章 東証解説 四半期開示見直し等に係る改正取引所規則等の概要 第3章 会計方針の変更、減損、連結等に注意 中間会計基準等の概要と今四半期

        • 『コーポレートガバナンスの実務 1年目の教科書』『IPOを相談されたら税理士が読む本』『M&Aコンサルタントに必要な法務スキル』など全5点! 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月20日~26日)

          2024年5月20日~26日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 5月21日(火)発売 5月23日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本

        • 固定された記事

        『スタートアップ企業の税金ToDoリスト』出版記念オンラインセミナー|2024年6月19日(水)15時~16時【Zoom開催】

        • 『スタートアップ企業が最速最短で上場する方法』『Cookieポリシー作成のポイント』など全7点! 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月27日~6月2日)

        • 《特集》6月第1四半期に向け確認を四半期開示見直しにおける規定等のポイント/2024年6月1日特大号(通巻No.1711)目次

        • 『コーポレートガバナンスの実務 1年目の教科書』『IPOを相談されたら税理士が読む本』『M&Aコンサルタントに必要な法務スキル』など全5点! 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月20日~26日)

        マガジン

        • 旬刊経理情報|会計・税務・法務・経営企画のニュースと解説
          227本
        • 税務弘報
          22本
        • ビジネス法務
          21本
        • 書籍連動有料コンテンツ
          1本
        • メタバース・ビジネスの歩き方
          8本

        記事

          旬刊『経理情報』2024年6月1日号(通巻No.1711 )情報ダイジェスト/会計

          【会計】中間会計基準公表に伴う資本連結実務指針、改正依頼─ASBJ 去る5月9日、企業会計基準委員会は、第525回企業会計基準委員会を開催した。 主な審議事項は次のとおり。 四半期報告書制度の見直しへの対応 3月22日に公表された企業会計基準33号「中間財務諸表に関する会計基準」等にあわせて、日本公認会計士協会会計制度委員会報告7号「連結財務諸表における資本連結手続に関する実務指針」の改正が必要となることから、ASBJは日本公認会計士協会に対し、実務指針の改正の検討を依

          旬刊『経理情報』2024年6月1日号(通巻No.1711 )情報ダイジェスト/会計

          『1日15分で習得 契約類型別英単語1100』出版記念録画配信セミナー|2024年6月7日(金)14時~16時

          類義語のクイズや英作文・穴埋め問題を解きながら、使いこなせる英単語を増やそう! 英文契約書をスラスラ読めるようになるためには、なんといっても、見た瞬間に意味が頭に浮かぶほどしっかりと理解できている英単語の数を増やすことです。 そこで本セミナーでは、英文契約書で頻出する英単語の類義語の違いをクイズ形式で考えていただいたり、簡単な英作文や穴埋め問題などを解いていただく作業をとおし、楽しみながら英単語を押さえていただきたいと思います。 ■講師紹介本郷 貴裕 氏(ほんごう・たか

          『1日15分で習得 契約類型別英単語1100』出版記念録画配信セミナー|2024年6月7日(金)14時~16時

          法人税申告あるいは法人税申告書について解説している書籍の紹介をしようと思います。それぞれの本に特徴がありますので、その特徴にマッチした読み方をしたいものです。当社の定番商品3点を比較しながら紹介しましょう。

          昨年入社の新人編集者:夏目くん(仮名)に入社15年目の中堅編集者:春山編集次長(仮名)が4点の書籍について丁寧に解説しています。ちょっと覗いてみましょう。 夏目くん:弊社には数点の法人税申告書の解説書がありますが、同じテーマの本が何点も必要なんですか。 春田編集次長:法人税申告書に限らず、同じテーマの書籍は数点あるのが当たり前だよ。 夏目くん:なぜですか。 春田編集次長:同じテーマでも、読者のレベルに応じて書籍は提供されるでしょ。例えば、偉人の伝記小説でも、子供用も

          法人税申告あるいは法人税申告書について解説している書籍の紹介をしようと思います。それぞれの本に特徴がありますので、その特徴にマッチした読み方をしたいものです。当社の定番商品3点を比較しながら紹介しましょう。

          研究者同士の交流が生みだすイノベーションのために―「経営学の質問箱」の開催にあたって―|経営学の質問箱:今さら聞けない経営学についてのあれこれ【第3回・終】

          はじめに、今回のモーニング・ミーティングに質問を下さったみなさま、そしてお忙しい中回答を引き受けてくださった4人の先生方に、改めて御礼を申し上げます。そして、開催初日、土曜日の朝一番という枠にもかかわらず、多くの方が約1時間早くご自宅(または宿泊先)を出発し、本セッションに足を運んでくださったことに感謝を申し上げます。 正直なところ、時間枠のこともあり、ここまでの参加者数になるとは予想していませんでした。それゆえに、驚きもありますが、我々が問題意識を持って取り組んできたことの

          研究者同士の交流が生みだすイノベーションのために―「経営学の質問箱」の開催にあたって―|経営学の質問箱:今さら聞けない経営学についてのあれこれ【第3回・終】

          『図解 不祥事のグローバル対応がわかる本』『経営コンサルティング・ノウハウ/5 マーケティング』 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月13日~19日)

          2024年5月13日~19日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 5月16日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本紹介 #ビジネス書

          『図解 不祥事のグローバル対応がわかる本』『経営コンサルティング・ノウハウ/5 マーケティング』 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月13日~19日)

          AIL・中央経済社共催連続セミナー【全5回】|“知財×法務×金融”の架け橋「なぜ、いま『攻めの知財』なのか?」―「知財」の力を基礎から学んで日本のビジネスを強くしよう!―

          ―お互いを知ることで、知財×法務×金融の“実践力”を高める― 改訂コーポレートガバナンス・コードなどでも謳われているように、企業における知的財産(知財)の活用がますます重要となっています。 知財活用において企業が成果を出すためには、知財部門だけではなく、法務部門やビジネス部門などの社内でのコラボレーションが欠かせず、また、大企業/スタートアップなどの企業間、あるいは、金融機関や投資家といった外部ステークホルダーとのコラボレーションも不可欠です。 このようなコラボレーショ

          AIL・中央経済社共催連続セミナー【全5回】|“知財×法務×金融”の架け橋「なぜ、いま『攻めの知財』なのか?」―「知財」の力を基礎から学んで日本のビジネスを強くしよう!―

          研究者のキャリアデザイン・研究環境の作り方|経営学の質問箱:今さら聞けない経営学についてのあれこれ【第2回】

          ※ 登壇者の所属は、すべて2024年3月末時点のものです。 中園: 続きまして、研究にまつわる環境構築であったり、研究者として生きていく・暮らしていくにあたって、困ったときにどうすればいいのかという、研究者のキャリアや環境面への質問に移っていきたいと思います。今回は一橋大学の青島矢一先生と東京都立大学の高尾義明先生にご登壇いただきます。 早速後半の1つ目の質問にまいりましょう。 前半のテクニカル面でも、共同研究者や同期、同僚と対話をしながら学ぶことが多いというお話がありまし

          研究者のキャリアデザイン・研究環境の作り方|経営学の質問箱:今さら聞けない経営学についてのあれこれ【第2回】

          『投資家目線のIPO実務』『目からウロコ! これが増減資・組織再編の計算だ!〈新訂版〉』 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月6日~12日)

          2024年5月6日~12日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 5月9日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本紹介 #ビジネス書

          『投資家目線のIPO実務』『目からウロコ! これが増減資・組織再編の計算だ!〈新訂版〉』 中央経済社今週の新刊情報(2024年5月6日~12日)

          《特集》政省令までフォロー 2024年度税制改正の実務ガイド~政策税制編~/2024年5月10日・20日合併号(通巻No.1710)目次

          4月30日発売の旬刊『経理情報』5月10日・20日合併号(通巻No.1710)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。 〔2連続特集 第1弾〕政省令までフォロー 2024年度税制改正の実務ガイド ~政策税制編~ 第1章 総合経済対策を受けて 2024年度税制改正と産競法等の改正の概要 第2章 賃上げ促進、イノベーションボックス税制等 政策税制等に関する改正の実務ポイント ■編集部コメント

          《特集》政省令までフォロー 2024年度税制改正の実務ガイド~政策税制編~/2024年5月10日・20日合併号(通巻No.1710)目次

          旬刊『経理情報』2024年5月10日・20日合併号(通巻No.1710 )情報ダイジェスト/会計

          【会計】継続企業・後発事象の調査研究の位置づけ、検討─ASBJ 去る4月22日、企業会計基準委員会は、第524回企業会計基準委員会を開催した。 主な審議内容は以下のとおり。 ■継続企業および後発事象に関する調査研究 第522回親委員会(2024年4月10日号(No.1707)情報ダイジェスト参照)に引き続き、JICPAの実務指針等のASBJへの移管に伴う、「継続企業及び後発事象に関する調査研究」について、審議が行われた。 本調査研究の位置づけを明確にすべきとの意見に対し

          旬刊『経理情報』2024年5月10日・20日合併号(通巻No.1710 )情報ダイジェスト/会計

          テキスト(教科書)についてのアンケート集計結果|中央経済社 学術書編集部(経営担当)

          わたしたち中央経済社学術編集部(経営担当)は、社会全体としてデジタル化や価値観の多様化などが進む中で、自分たちがつくっている大学のテキスト(教科書)がどのように学生さんに届いているのか、また学生さんたちはどのような形態の教材をもとめているのかを知りたいと思い、アンケートを作成・実施しました。 このアンケートは学生さんに直接スマホやパソコンでご回答いただきましたが、実施にあたりましては、経済・経営分野を中心とする多くの大学教員の先生方にご協力いただき、学生さんにご案内いただい

          テキスト(教科書)についてのアンケート集計結果|中央経済社 学術書編集部(経営担当)

          研究者としての能力・技術の磨き方|経営学の質問箱:今さら聞けない経営学についてのあれこれ【第1回】

          ※ 登壇者の所属は、すべて2024年3月末時点のものです。 中園: みなさん、おはようございます。 この会場は、「経営学の質問箱:今さら聞けない経営学についてのあれこれ」です。今回、初めて「モーニング・ミーティング」という枠を設けていただきました。初の試みであり、また朝早くであるにもかかわらず、このように多くのみなさんにお集まりいただき、驚くとともに恐縮しております。すべてに先立ち感謝を申し上げます。 このセッションは、明治学院大学の木川大輔先生、東京大学の舟津昌平先生、そ

          研究者としての能力・技術の磨き方|経営学の質問箱:今さら聞けない経営学についてのあれこれ【第1回】