中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えで…

中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えできるようなコンテンツをご提供します。経済、経営、法律、会計、税務、検定・資格等。(旧:中央経済社note編集部)

リンク

マガジン

  • 企業会計2023年11月号【特集】経理の生成AI入門

    【収録記事】 ❶ChatGPTが対話できる理由は?  大規模言語モデルの仕組み/高村大也 ❷#経理で生成AI使ってみた  経理の中心で、AIと語る/小澤圭都 ❸#経理で生成AI使ってみた  M&A投資で多額の減損、改善策は?/小野 晃 ❹#経理で生成AI使ってみた  事業報告の作成に挑戦/田中由香里 ❺#経理で生成AI使ってみた  コーディングで定型業務を自動化/稲垣大輔 ❻生成AIの社内利用に係る検討ポイント/成 康豪

  • 旬刊経理情報|会計・税務・法務・経営企画のニュースと解説

    会社実務情報誌『経理情報』(https://www.keirijouhou.jp/)のnote出張版です。 タイムリーに新制度・実務問題の解説をお届けします!

  • 税務弘報

    「税務弘報」は、税制改正はもちろん、税務問題の解説、周辺知識を取り込んだ月刊誌です。税理士、税理士事務所の職員、経理部・総務部員、税務職員、会計研究家の方に特にお薦め。 定期購読のご案内:https://www.chuokeizai.co.jp/koudoku/tax.html バックナンバー:https://www.biz-book.jp/books/category/76

  • ビジネス法務

    「ビジネス法務」は1998年に中央経済社が創刊した企業法務の専門誌です。 創刊以来、机上の議論に終始せず、常に実務・実学の視点を取り入れた誌面づくりを重視し、企業法務の発展と共に歩んで参りました。 近時、国際競争力を高めるためのコーポレート・ガバナンス改革、コンプライアンス概念の敷衍、労務管理にまつわるリスクの高まり、国際的なデータ保護規制への対応など、企業法務を取り巻く状況変化には目覚しいものがあります。 それに伴い、法務部員・弁護士に求められる業務範囲・能力も拡大・多様化しています。 変動の時代にあっても、常に「現場の課題」によりそった誌面作りを目指します。 https://www.chuokeizai.co.jp/bjh/

  • 書籍連動有料コンテンツ

    中央経済社の書籍をさらに活用するための各種コンテンツを販売しています。

記事一覧

ChatGPTが対話できる理由は? 大規模言語モデルの仕組み/【特集】経理の生成AI入門

高村 大也(産業技術総合研究所 人工知能研究センター 研究チーム長) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」…

550

#経理で生成AI使ってみた 経理の中心で、AIと語る/【特集】経理の生成AI入門

小澤 圭都(ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社 公認会計士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門…

550

#経理で生成AI使ってみた M&A投資で多額の減損、改善策は?/【特集】経理の生成AI入門

小野 晃(Shine Capital代表,公認会計士・米国公認会計士(ニューヨーク州)) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成…

550

#経理で生成AI使ってみた 事業報告の作成に挑戦/【特集】経理の生成AI入門

田中 由香里(公認会計士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。 …

550

#経理で生成AI使ってみた コーディングで定型業務を自動化/【特集】経理の生成AI入門

稲垣 大輔(合同会社オントロジー代表 公認会計士・税理士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの…

550

生成AIの社内利用に係る検討ポイント/【特集】経理の生成AI入門

成 康豪(PwCあらた有限責任監査法人 公認会計士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事と…

550

『ここから始めるIPO・内部統制の基本〈第3版〉』『法律事務所のサイバーセキュリティQ&A』ほか全10点! 中央経済社今週の新刊…

2024年6月24日~30日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発…

旬刊『経理情報』2024年7月1日号(通巻No.1714 )情報ダイジェスト/会計

【会計】VCファンドにおける時価評価オプションの適用単位、検討─ASBJ 去る6月5日、企業会計基準委員会は、第527回企業会計基準委員会を開催した。 主な審議…

《特集》近時の金商法・税制改正を要確認株式報酬の法務・税務をめぐる最新動向/2024年7月1日号(通巻No.1714)目次

6月20日発売の旬刊『経理情報』7月1日号(通巻No.1714)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいた…

『中小企業診断士2次試験 解き方の黄金手順〈2024-2025年受験用〉』『トヨタ 原点回帰の管理会計〈新装版〉』ほか全6点! 中央…

2024年6月17日~23日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発…

「M&Aブックレット」シリーズ刊行スタート! 中央経済社今週の新刊情報(2024年6月10日~16日)

2024年6月10日~16日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発…

8

《特集》改正事項や四半期開示見直しの影響を確認2024年6月第1四半期決算の直前対策/2024年6月20日号(通巻No.1713)目次

6月10日発売の旬刊『経理情報』6月20日号(No.1713)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいただけ…

5

旬刊『経理情報』2024年6月20日号(通巻No.1713 )情報ダイジェスト/会計

【会計】一般事業会社向けのステップ5における金融商品の減損、検討開始─ASBJ、金融商品専門委 去る5月29日、企業会計基準委員会は、第219回金融商品専門委員会を開催し…

6

『経理のExcelベーシックスキル』重版記念セミナー|2024年7月11日(木)18時~19時【リアル&オンライン開催】

経理業務に欠かせないExcel、どうすれば業務効率がアップするでしょうか。 本セミナーでは、『経理のExcelベーシックスキル』の重版を記念し、現場経験豊富な著者・葛西一…

24

『連結財務諸表の会計実務〈第3版〉』『ガバナンスガイドラインから読み解く 知財・無形資産戦略の立案・体制整備・開示』 中央…

2024年6月3日~9日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売…

11

《特集》基準案の概要と導入対応の勘所 SSBJサステナビリティ開示基準案の実務ポイント/2024年6月10日特大号(通巻No.1712)目…

5月31日発売の旬刊『経理情報』6月10日特大号(№1712)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みい…

5

ChatGPTが対話できる理由は? 大規模言語モデルの仕組み/【特集】経理の生成AI入門

高村 大也(産業技術総合研究所 人工知能研究センター 研究チーム長) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。 ▶マガジンはこちら SummaryChatGPTを含む大規模言語モデルの仕組み,学習方法,周辺技術について,最も重要である話題を厳選し,直観的な説明を試みる。読者の方々が,世の中に溢れる大規模言語モデルに関する発言や文章がおおよそ何を言っているのかがわかる

有料
550

#経理で生成AI使ってみた 経理の中心で、AIと語る/【特集】経理の生成AI入門

小澤 圭都(ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社 公認会計士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。 ▶マガジンはこちら 森村さんは社会人1年目,経理部に配属されて数カ月が経つ。大学でファイナンスを専攻し,新卒入社して最初に経理に配属された。経理実務にはまだ不安が残る。先輩はみな忙しく,丁寧にOJTをしてくれる感じではなさそうだ。しかしここ最近は,それも大

有料
550

#経理で生成AI使ってみた M&A投資で多額の減損、改善策は?/【特集】経理の生成AI入門

小野 晃(Shine Capital代表,公認会計士・米国公認会計士(ニューヨーク州)) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。 ▶マガジンはこちら ChatGPT,Bard,Bing Chatといった生成AIが世間で話題となっている。すでに業務に活用している会社がある一方,セキュリティ等のガバナンスのハードルを理由に敬遠している会社もある。ビジネスの世界では,新

有料
550

#経理で生成AI使ってみた 事業報告の作成に挑戦/【特集】経理の生成AI入門

田中 由香里(公認会計士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。 ▶マガジンはこちら はじめに経理部の業務内容は多岐にわたるが,今回は開示資料の作成に焦点を当てたい。 事業報告書や有価証券報告書といった年度ごとの開示資料の作成にあたっては,それなりの分量の文章の記述が求められる。そのため,特に作成初年度など,基盤となる文章が存在しない場合は担当者の負担は相当に

有料
550

#経理で生成AI使ってみた コーディングで定型業務を自動化/【特集】経理の生成AI入門

稲垣 大輔(合同会社オントロジー代表 公認会計士・税理士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。 ▶マガジンはこちら 生成AIが与える影響ChatGPTを中心とした生成AIが世の中に与えた影響はとても大きいのはいうまでもない。今までのAIは一部のマニアが熱狂していたものともいえたが,生成AIは今までAIに興味がなかった人々も熱狂している様子がうかがえる。大学生が

有料
550

生成AIの社内利用に係る検討ポイント/【特集】経理の生成AI入門

成 康豪(PwCあらた有限責任監査法人 公認会計士) (注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。 ▶マガジンはこちら Summary生成AIの活用には大きな便益が期待できる反面,大きなリスクを伴う。生成AIの社内利用にあたっては,生成AIのリスクを知り,コントロールすることが重要である。本稿では,生成AIのリスクをコントロールするため,生成AIの利用開始前,データの入

有料
550

『ここから始めるIPO・内部統制の基本〈第3版〉』『法律事務所のサイバーセキュリティQ&A』ほか全10点! 中央経済社今週の新刊情報(2024年6月24日~30日)

2024年6月24日~30日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 6月25日(火)発売 6月27日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本

旬刊『経理情報』2024年7月1日号(通巻No.1714 )情報ダイジェスト/会計

【会計】VCファンドにおける時価評価オプションの適用単位、検討─ASBJ 去る6月5日、企業会計基準委員会は、第527回企業会計基準委員会を開催した。 主な審議事項は以下のとおり。 ■ベンチャーキャピタル(VC )ファンドの出資持分 第219回金融商品専門委員会(2024年6月20日号(№1713)情報ダイジェスト参照)に引き続き、組合等の会計処理に関する時価評価(評価差額はその他の包括利益)するオプションの適用単位に関する追加的な分析と再提案がされた。 当初の会計方針

《特集》近時の金商法・税制改正を要確認株式報酬の法務・税務をめぐる最新動向/2024年7月1日号(通巻No.1714)目次

6月20日発売の旬刊『経理情報』7月1日号(通巻No.1714)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。 〔特集〕近時の金商法・税制改正を要確認 株式報酬の法務・税務をめぐる最新動向 第1章 RSの届出要件、インサイダー規制など 株式報酬の法務に関する最新動向と実務 第2章 今年度改正のSO適格要件緩和等をチェック 株式報酬の税務に関する最新動向と実務 ■編集者コメント 特集「株式報酬の

『中小企業診断士2次試験 解き方の黄金手順〈2024-2025年受験用〉』『トヨタ 原点回帰の管理会計〈新装版〉』ほか全6点! 中央経済社今週の新刊情報(2024年6月17日~23日)

2024年6月17日~23日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 6月18日(火)発売 6月20日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本

「M&Aブックレット」シリーズ刊行スタート! 中央経済社今週の新刊情報(2024年6月10日~16日)

2024年6月10日~16日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 6月11日(火)発売 6月13日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本

《特集》改正事項や四半期開示見直しの影響を確認2024年6月第1四半期決算の直前対策/2024年6月20日号(通巻No.1713)目次

6月10日発売の旬刊『経理情報』6月20日号(No.1713)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。 〔特集〕改正事項や四半期開示見直しの影響を確認 2024年6月第1四半期決算の直前対策 Ⅰ サマリー情報、添付資料等の記載事項は? 今四半期の四半期決算短信作成上の留意点 Ⅱ 適用初年度のスクリーニングに注意 法人税等会計基準改正に伴う実務ポイント Ⅲ 年度末決算に向けた管理体制整備も重

旬刊『経理情報』2024年6月20日号(通巻No.1713 )情報ダイジェスト/会計

【会計】一般事業会社向けのステップ5における金融商品の減損、検討開始─ASBJ、金融商品専門委 去る5月29日、企業会計基準委員会は、第219回金融商品専門委員会を開催した。 主な審議事項は以下のとおり。 ■金融商品の減損 今回は、ステップ5(一般事業会社に対する検討)の議論にあたり、一般事業会社での貸倒引当金の対象となる主な資産である、営業債権、契約資産およびリース債権に関する取扱いについて検討が行われた。 これまでのステップ4の議論においてステップ4を採用する金融

『経理のExcelベーシックスキル』重版記念セミナー|2024年7月11日(木)18時~19時【リアル&オンライン開催】

経理業務に欠かせないExcel、どうすれば業務効率がアップするでしょうか。 本セミナーでは、『経理のExcelベーシックスキル』の重版を記念し、現場経験豊富な著者・葛西一成氏がそのノウハウを伝授します。 必要なことは、難しい機能や操作方法を極めることではありません。それ以前に、知っておきたいExcelの使い方や管理方法、作法を身につけることで、個人で、チームで、さらなる業務の効率化を図りましょう! ■講師紹介葛西 一成 氏(かさい・かずなり) 大学卒業後、食品やITなど複

『連結財務諸表の会計実務〈第3版〉』『ガバナンスガイドラインから読み解く 知財・無形資産戦略の立案・体制整備・開示』 中央経済社今週の新刊情報(2024年6月3日~9日)

2024年6月3日~9日の中央経済社新刊情報をお届けします! 各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。 「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。 6月6日(木)発売 #中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本紹介 #ビジネス書

《特集》基準案の概要と導入対応の勘所 SSBJサステナビリティ開示基準案の実務ポイント/2024年6月10日特大号(通巻No.1712)目次

5月31日発売の旬刊『経理情報』6月10日特大号(№1712)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。 〔特集〕基準案の概要と導入対応の勘所 SSBJサステナビリティ開示基準案の実務ポイント 第1章 並行する強制適用の議論も注視 サステナビリティ開示基準案の位置づけと性格 第2章 普遍的に適用される基本的事項 「サステナビリティ開示基準の適用(案)」の概要 第3章 コア・コンテンツでの両者