中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えで…

中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えできるようなコンテンツをご提供します。経済、経営、法律、会計、税務、検定・資格等。(旧:中央経済社note編集部)

リンク

マガジン

  • 企業会計2023年11月号【特集】経理の生成AI入門

    【収録記事】 ❶ChatGPTが対話できる理由は?  大規模言語モデルの仕組み/高村大也 ❷#経理で生成AI使ってみた  経理の中心で、AIと語る/小澤圭都 ❸#経理で生成AI使ってみた  M&A投資で多額の減損、改善策は?/小野 晃 ❹#経理で生成AI使ってみた  事業報告の作成に挑戦/田中由香里 ❺#経理で生成AI使ってみた  コーディングで定型業務を自動化/稲垣大輔 ❻生成AIの社内利用に係る検討ポイント/成 康豪

  • 旬刊経理情報|会計・税務・法務・経営企画のニュースと解説

    会社実務情報誌『経理情報』(https://www.keirijouhou.jp/)のnote出張版です。 タイムリーに新制度・実務問題の解説をお届けします!

  • 税務弘報

    「税務弘報」は、税制改正はもちろん、税務問題の解説、周辺知識を取り込んだ月刊誌です。税理士、税理士事務所の職員、経理部・総務部員、税務職員、会計研究家の方に特にお薦め。 定期購読のご案内:https://www.chuokeizai.co.jp/koudoku/tax.html バックナンバー:https://www.biz-book.jp/books/category/76

  • ビジネス法務

    「ビジネス法務」は1998年に中央経済社が創刊した企業法務の専門誌です。 創刊以来、机上の議論に終始せず、常に実務・実学の視点を取り入れた誌面づくりを重視し、企業法務の発展と共に歩んで参りました。 近時、国際競争力を高めるためのコーポレート・ガバナンス改革、コンプライアンス概念の敷衍、労務管理にまつわるリスクの高まり、国際的なデータ保護規制への対応など、企業法務を取り巻く状況変化には目覚しいものがあります。 それに伴い、法務部員・弁護士に求められる業務範囲・能力も拡大・多様化しています。 変動の時代にあっても、常に「現場の課題」によりそった誌面作りを目指します。 https://www.chuokeizai.co.jp/bjh/

  • 書籍連動有料コンテンツ

    中央経済社の書籍をさらに活用するための各種コンテンツを販売しています。

記事一覧

【終了】『チェックリストでリスクが見える 内部統制構築ガイド』出版記念オンラインセミナー|2023年12月19日(火)15時~16時…

―本書に盛り込めなかった内部統制構築のポイント紹介 内部統制構築にあたり、担当者や経営者が実務で「気をつけるべきこと」「知っておくべきこと」は何か? JSOXの基準…

17

『デジタル・メディア・ブランディング』『実務解説 サイバーセキュリティ法』ほか全8点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年11…

2023年11月27日~12月3日の中央経済社新刊情報をお届けします! 書影をクリックすると「ビジネス専門書オンライン」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。な…

18

【大座談会】元国税審判官が集い語らう 審査請求の実態 『税務弘報』2023年12月号 

目次 はじめに 『税務弘報』2023年12月号掲載の大座談会を,本誌を一部抜粋してご紹介します。各トークテーマの「前振り」に当たる部分を並べてみたので、気になるテーマ…

9

《特集》非財務開示のボトルネックの解消へ  グループ会社からの非財務情報収集のポイント/2023年12月1日号(通巻No.1695)目…

11月20日発売の旬刊『経理情報』12月1日号(No.1695)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいた…

7

旬刊『経理情報』2023年12月1日号(通巻No.1695)情報ダイジェスト/会計

【会計】ファイナンス・リースの貸手における会計処理等、議論─ASBJ、リース会計専門委去る11月13日、企業会計基準委員会は第137回リース会計専門委員会を開催した。…

5

【終了】「不正・不祥事発覚時の初動対応」書籍付きオンラインセミナー|2023年12月13日(水)14時~15時30分〈Zoom開催〉

―法務・コンプライアンス担当者が持つべきスキル・知識― 近時、不正・不祥事事案が世間を賑わせていますが、会社を揺るがす不正・不祥事が発覚した時にどう動くのか? …

5
【終了】『チェックリストでリスクが見える 内部統制構築ガイド』出版記念オンラインセミナー|2023年12月19日(火)15時~16時30分〈Zoom開催〉

【終了】『チェックリストでリスクが見える 内部統制構築ガイド』出版記念オンラインセミナー|2023年12月19日(火)15時~16時30分〈Zoom開催〉

―本書に盛り込めなかった内部統制構築のポイント紹介

内部統制構築にあたり、担当者や経営者が実務で「気をつけるべきこと」「知っておくべきこと」は何か?
JSOXの基準や内部統制のテキストに書かれていない実務の重要ポイントを、本書の内容を踏まえてわかりやすく解説します。
著者は、監査法人で内部統制を監査・指導する立場として、また、現在所属する大手総合商社では、内部統制を構築・運用する立場でノウハウを

もっとみる
『デジタル・メディア・ブランディング』『実務解説 サイバーセキュリティ法』ほか全8点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年11月27日~12月3日)

『デジタル・メディア・ブランディング』『実務解説 サイバーセキュリティ法』ほか全8点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年11月27日~12月3日)

2023年11月27日~12月3日の中央経済社新刊情報をお届けします!
書影をクリックすると「ビジネス専門書オンライン」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。

「今週の新刊情報」は毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。

11月28日(火)発

もっとみる
【大座談会】元国税審判官が集い語らう 審査請求の実態 『税務弘報』2023年12月号 

【大座談会】元国税審判官が集い語らう 審査請求の実態 『税務弘報』2023年12月号 

目次

はじめに

『税務弘報』2023年12月号掲載の大座談会を,本誌を一部抜粋してご紹介します。各トークテーマの「前振り」に当たる部分を並べてみたので、気になるテーマがございましたら、ぜひ本誌をご覧ください。

企画概要

元国税審判官であり,現在も税務の最前線で活躍される6名の税理士や弁護士に,審査請求の最新の傾向や具体的に増えている事例などを語っていただき,税理士が知っておくべき「審査請求

もっとみる
《特集》非財務開示のボトルネックの解消へ  グループ会社からの非財務情報収集のポイント/2023年12月1日号(通巻No.1695)目次

《特集》非財務開示のボトルネックの解消へ  グループ会社からの非財務情報収集のポイント/2023年12月1日号(通巻No.1695)目次

11月20日発売の旬刊『経理情報』12月1日号(No.1695)の記事ラインアップをご紹介。
気になる記事がありましたら、ぜひご一読を!
定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。

〔特集〕
非財務開示のボトルネックの解消へ
グループ会社からの非財務情報収集のポイント第1章 国内・欧米の動向も注視
非財務情報の開示に関する現状と実務上の課題

第2章 既存のグループ情報基盤をどう活用するか

もっとみる
旬刊『経理情報』2023年12月1日号(通巻No.1695)情報ダイジェスト/会計

旬刊『経理情報』2023年12月1日号(通巻No.1695)情報ダイジェスト/会計


【会計】ファイナンス・リースの貸手における会計処理等、議論─ASBJ、リース会計専門委去る11月13日、企業会計基準委員会は第137回リース会計専門委員会を開催した。
第136回(2023年11月20日号(No.1694)情報ダイジェスト参照)に引き続き、企業会計基準公開草案73号「リースに関する会計基準(案)」等に寄せられたコメントへの対応の方向性と個別事項について、審議が行われた。

■開発

もっとみる
【終了】「不正・不祥事発覚時の初動対応」書籍付きオンラインセミナー|2023年12月13日(水)14時~15時30分〈Zoom開催〉

【終了】「不正・不祥事発覚時の初動対応」書籍付きオンラインセミナー|2023年12月13日(水)14時~15時30分〈Zoom開催〉

―法務・コンプライアンス担当者が持つべきスキル・知識―

近時、不正・不祥事事案が世間を賑わせていますが、会社を揺るがす不正・不祥事が発覚した時にどう動くのか? 記者会見のQ&A作成はどうするか? 疑わしい人のヒアリングはどう実施するのか? 特命チームの組成はどう進めるか? などさまざまなToDoが想定されます。

今回のセミナーでは、業界横断的に危機管理・コンプライアンス事案に対応してきた弁護士

もっとみる