中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えで…

中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えできるようなコンテンツをご提供します。経済、経営、法律、会計、税務、検定・資格等。(旧:中央経済社note編集部)

リンク

マガジン

  • 旬刊経理情報|会計・税務・法務・経営企画のニュースと解説

    会社実務情報誌『経理情報』(https://www.keirijouhou.jp/)のnote出張版です。 タイムリーに新制度・実務問題の解説をお届けします!

  • 税務弘報

    「税務弘報」は、税制改正はもちろん、税務問題の解説、周辺知識を取り込んだ月刊誌です。税理士、税理士事務所の職員、経理部・総務部員、税務職員、会計研究家の方に特にお薦め。 定期購読のご案内:https://www.chuokeizai.co.jp/koudoku/tax.html バックナンバー:https://www.biz-book.jp/books/category/76

  • ビジネス法務

    「ビジネス法務」は1998年に中央経済社が創刊した企業法務の専門誌です。 創刊以来、机上の議論に終始せず、常に実務・実学の視点を取り入れた誌面づくりを重視し、企業法務の発展と共に歩んで参りました。 近時、国際競争力を高めるためのコーポレート・ガバナンス改革、コンプライアンス概念の敷衍、労務管理にまつわるリスクの高まり、国際的なデータ保護規制への対応など、企業法務を取り巻く状況変化には目覚しいものがあります。 それに伴い、法務部員・弁護士に求められる業務範囲・能力も拡大・多様化しています。 変動の時代にあっても、常に「現場の課題」によりそった誌面作りを目指します。 https://www.chuokeizai.co.jp/bjh/

  • 書籍連動有料コンテンツ

    中央経済社の書籍をさらに活用するための各種コンテンツを販売しています。

  • メタバース・ビジネスの歩き方

    ビジネスにどう活用可能なのか? という観点から、ロマンが尽きないメタバースの歩き方を提案します。 [著者] 東海林正賢(Jazzy Business Consulting株式会社 代表取締役・一般社団法人オルタナティブデータ推進協議会 代表理事) 新卒で外資系システムサービス会社へ入社し、新規事業開拓を担当。2015年にコンサルティング会社に転職。フィンテックに関する専門組織を立ち上げ、統括パートナーとして組織をリード。2021年に一般社団法人オルタナティブデータ推進協議会を立ち上げ、代表理事に就任(現任)。2022年に独立し、Jazzy Business Consulting株式会社(https://jazzybiz.co.jp/)を立ち上げ、代表取締役に就任(現任)。

記事一覧

旬刊『経理情報』2024年1月10日・20日合併号(通巻No.1699)情報ダイジェスト/法務ほか

【法務】重要な契約に関する改正開示府令等、公表―金融庁去る2023年12月22日、金融庁から、内閣府令81号「企業内容等の開示に関する内閣府令及び特定有価証券の内容等の…

8

税制改正大綱「外形標準課税」を読んでみた ~ここは押さえておいたほうが良いかも!?~

2023年12月14日に政府与党の「令和6年度税制改正大綱」(以下「大綱」)が公表されました。 今回はそのうち「外形標準課税の改正」について考えてみました。 以下では、大…

10

『AUDIT INQUIRY 質問の理論と技術』『9つの失敗パターンでわかるM&A戦略の基本と実務』ほか全11点! 中央経済社今週の新刊情…

2023年12月25日~31日の中央経済社新刊情報をお届けします! 書影をクリックすると「ビジネス専門書オンライン」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお…

10

相続で借地権がもっと面倒になるかもしれない[後編]|【連載】ちょっと一息 ブレイクタイム・ファイナンス(第7回)

前々回、相続空き家の話をしました。今回は関連論点についてです。 日本には相続制度があり、原則として法定相続人が被相続人の財産を相続します。日本人の主要な相続財産…

5

【終了】『M&Aを失敗させない企業買収先「選定」の実務』出版記念オンラインセミナー|2024年1月25日(木)15時~16時30分〈Zoom…

―相手選びがM&Aの成否を決める― M&Aは社内外のステークホルダーに大きな影響を与える「戦略ツール」です。M&Aに成功すれば、自力ではできなかったことが瞬時に達成でき…

7

《特集》2024年4月開始年度からスタート 内部統制報告制度見直しの実務ポイント/2024年1月1日号(通巻No.1698)目次

12月20日発売の旬刊『経理情報』1月1日号(No.1698)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいただ…

8
旬刊『経理情報』2024年1月10日・20日合併号(通巻No.1699)情報ダイジェスト/法務ほか

旬刊『経理情報』2024年1月10日・20日合併号(通巻No.1699)情報ダイジェスト/法務ほか


【法務】重要な契約に関する改正開示府令等、公表―金融庁去る2023年12月22日、金融庁から、内閣府令81号「企業内容等の開示に関する内閣府令及び特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」および企業内容等開示ガイドラインの改正が公表された。
重要な契約について、開示すべき契約の類型や求められる開示内容を具体的に明らかにすることで、適切な開示を促すことを目的として、202

もっとみる
税制改正大綱「外形標準課税」を読んでみた ~ここは押さえておいたほうが良いかも!?~

税制改正大綱「外形標準課税」を読んでみた ~ここは押さえておいたほうが良いかも!?~

2023年12月14日に政府与党の「令和6年度税制改正大綱」(以下「大綱」)が公表されました。
今回はそのうち「外形標準課税の改正」について考えてみました。

以下では、大綱をベースに推定される一般的な法人(株式会社(内国法人)で、収入金課税方式以外の方法により課税される法人)における課税関係を記載していますが、実際の適用関係については法令に基づいて確認する必要があります。 

1. 何が変わる?

もっとみる
『AUDIT INQUIRY 質問の理論と技術』『9つの失敗パターンでわかるM&A戦略の基本と実務』ほか全11点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年12月25日~31日)

『AUDIT INQUIRY 質問の理論と技術』『9つの失敗パターンでわかるM&A戦略の基本と実務』ほか全11点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年12月25日~31日)

2023年12月25日~31日の中央経済社新刊情報をお届けします!
書影をクリックすると「ビジネス専門書オンライン」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。

「今週の新刊情報」は毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。

12月26日(火)発売

もっとみる
相続で借地権がもっと面倒になるかもしれない[後編]|【連載】ちょっと一息 ブレイクタイム・ファイナンス(第7回)

相続で借地権がもっと面倒になるかもしれない[後編]|【連載】ちょっと一息 ブレイクタイム・ファイナンス(第7回)

前々回、相続空き家の話をしました。今回は関連論点についてです。
日本には相続制度があり、原則として法定相続人が被相続人の財産を相続します。日本人の主要な相続財産は現預金および不動産です。
国税庁が公表した2021年度の「令和3年分 相続税の申告事績の概要」によれば、相続財産のうち現預金が34.0%、土地33.2%、家屋5.1%、有価証券16.4%とされています。
不動産(土地・家屋)の比率は年々減

もっとみる
【終了】『M&Aを失敗させない企業買収先「選定」の実務』出版記念オンラインセミナー|2024年1月25日(木)15時~16時30分〈Zoom開催〉

【終了】『M&Aを失敗させない企業買収先「選定」の実務』出版記念オンラインセミナー|2024年1月25日(木)15時~16時30分〈Zoom開催〉

―相手選びがM&Aの成否を決める―

M&Aは社内外のステークホルダーに大きな影響を与える「戦略ツール」です。M&Aに成功すれば、自力ではできなかったことが瞬時に達成できるかもしれませんが、残念ながら失敗してしまった場合には、会社も従業員も大きな痛手を負うことになります。
そこで、“M&Aを失敗させない”ための企業買収先の選定プロセスを解説した『M&Aを失敗させない企業買収先「選定」の実務』の出版

もっとみる
《特集》2024年4月開始年度からスタート 内部統制報告制度見直しの実務ポイント/2024年1月1日号(通巻No.1698)目次

《特集》2024年4月開始年度からスタート 内部統制報告制度見直しの実務ポイント/2024年1月1日号(通巻No.1698)目次

12月20日発売の旬刊『経理情報』1月1日号(No.1698)の記事ラインアップをご紹介。
気になる記事がありましたら、ぜひご一読を!
定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。

■読者アンケートのご案内

ご回答締め切りは、2024年1月12日(金)まで!
どのような記事を取り上げたのかを一覧できる【2023年版 総目次】もお役立てください!

〔特集〕
2024年4月開始年度からスタート

もっとみる