中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えで…

中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えできるようなコンテンツをご提供します。経済、経営、法律、会計、税務、検定・資格等。(旧:中央経済社note編集部)

リンク

マガジン

  • 旬刊経理情報|会計・税務・法務・経営企画のニュースと解説

    会社実務情報誌『経理情報』(https://www.keirijouhou.jp/)のnote出張版です。 タイムリーに新制度・実務問題の解説をお届けします!

  • 税務弘報

    「税務弘報」は、税制改正はもちろん、税務問題の解説、周辺知識を取り込んだ月刊誌です。税理士、税理士事務所の職員、経理部・総務部員、税務職員、会計研究家の方に特にお薦め。 定期購読のご案内:https://www.chuokeizai.co.jp/koudoku/tax.html バックナンバー:https://www.biz-book.jp/books/category/76

  • ビジネス法務

    「ビジネス法務」は1998年に中央経済社が創刊した企業法務の専門誌です。 創刊以来、机上の議論に終始せず、常に実務・実学の視点を取り入れた誌面づくりを重視し、企業法務の発展と共に歩んで参りました。 近時、国際競争力を高めるためのコーポレート・ガバナンス改革、コンプライアンス概念の敷衍、労務管理にまつわるリスクの高まり、国際的なデータ保護規制への対応など、企業法務を取り巻く状況変化には目覚しいものがあります。 それに伴い、法務部員・弁護士に求められる業務範囲・能力も拡大・多様化しています。 変動の時代にあっても、常に「現場の課題」によりそった誌面作りを目指します。 https://www.chuokeizai.co.jp/bjh/

  • 書籍連動有料コンテンツ

    中央経済社の書籍をさらに活用するための各種コンテンツを販売しています。

  • メタバース・ビジネスの歩き方

    ビジネスにどう活用可能なのか? という観点から、ロマンが尽きないメタバースの歩き方を提案します。 [著者] 東海林正賢(Jazzy Business Consulting株式会社 代表取締役・一般社団法人オルタナティブデータ推進協議会 代表理事) 新卒で外資系システムサービス会社へ入社し、新規事業開拓を担当。2015年にコンサルティング会社に転職。フィンテックに関する専門組織を立ち上げ、統括パートナーとして組織をリード。2021年に一般社団法人オルタナティブデータ推進協議会を立ち上げ、代表理事に就任(現任)。2022年に独立し、Jazzy Business Consulting株式会社(https://jazzybiz.co.jp/)を立ち上げ、代表取締役に就任(現任)。

記事一覧

《第1特集》開示初年度の記載状況は?  2023年3月期有報におけるサステナビリティ情報の開示分析/2023年10月10日号(通巻No…

10月1日発売の旬刊『経理情報』10月10日号(No.1690)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいた…

10

旬刊『経理情報』2023年10月10日号(通巻No.1690)情報ダイジェスト

【会計】四半期報告書制度の見直しに関する検討、開始─ASBJ去る9月21日、企業会計基準委員会は、第510回企業会計基準委員会を開催した。 主な審議事項は次のとおり…

8

どちらがChatGPTによる回答?|【連載】ChatGPTが税理士のパートナーになる未来(第6回・終)

『税務弘報』2023年8月号掲載の特別インタビュー「ChatGPTが税理士のパートナーになる未来—過渡期にあるAIと税務の関係を聞く」では、税理士の業務に対するAIの活用方法や…

9

【インタビュー】複数の大株主の存在は、企業のガバナンスにどう影響する?|話者:太田裕貴先生(静岡産業大学経営学部 准教授…

ゼミではRを使った高度な経営分析や、マルシェで模擬店出店も会計の基本的な科目として簿記の3級や2級に相当する科目を、応用的な科目として財務会計やコーポレートファイ…

31

『入門 国際経済Q&A100』『しくみ図解 会計思考のポイント』ほか全15点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年9月25日~10月1日…

2023年9月25日~10月1日の中央経済社新刊情報をお届けします! 書影をクリックすると「ビジネス専門書オンライン」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。な…

12

《第1特集》適用済・決定会社268社の対応を調査 IFRS任意適用企業の開示分析/2023年10月1日特大号(通巻No.1689)のラインア…

9月20日発売の旬刊『経理情報』10月1日号(No.1689)の記事ラインアップをご紹介。 気になる記事がありましたら、ぜひご一読を! 定期購読は、こちらからお申し込みいた…

6
《第1特集》開示初年度の記載状況は?  2023年3月期有報におけるサステナビリティ情報の開示分析/2023年10月10日号(通巻No.1690 )目次

《第1特集》開示初年度の記載状況は?  2023年3月期有報におけるサステナビリティ情報の開示分析/2023年10月10日号(通巻No.1690 )目次

10月1日発売の旬刊『経理情報』10月10日号(No.1690)の記事ラインアップをご紹介。
気になる記事がありましたら、ぜひご一読を!
定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。

〔第1特集〕開示初年度の記載状況は? 2023年3月期有報におけるサステナビリティ情報の開示分析第1章 女性管理職比率等の開示範囲、比率の分布は
「従業員の状況」の開示分析

第2章 気候変動等の課題にどう対処し

もっとみる
旬刊『経理情報』2023年10月10日号(通巻No.1690)情報ダイジェスト

旬刊『経理情報』2023年10月10日号(通巻No.1690)情報ダイジェスト



【会計】四半期報告書制度の見直しに関する検討、開始─ASBJ去る9月21日、企業会計基準委員会は、第510回企業会計基準委員会を開催した。
主な審議事項は次のとおり。

■四半期報告書制度の見直し

昨年12月に公表された金融審議会のディスクロージャーワーキング・グループ報告で、第1・第3四半期について、金融商品取引法上の開示義務を廃止し、四半期決算短信に一本化する等の方向性が示され、法改正が

もっとみる
どちらがChatGPTによる回答?|【連載】ChatGPTが税理士のパートナーになる未来(第6回・終)

どちらがChatGPTによる回答?|【連載】ChatGPTが税理士のパートナーになる未来(第6回・終)

『税務弘報』2023年8月号掲載の特別インタビュー「ChatGPTが税理士のパートナーになる未来—過渡期にあるAIと税務の関係を聞く」では、税理士の業務に対するAIの活用方法や、将来的な共存体制について、積極的なAI活用を試みている税理士の山田典正先生に伺いました。
第5回まででChatGPTの使い方をご紹介してきました。最終回となる今回は趣向を変え、クイズを出題します。(編集部)

質問に対する

もっとみる
【インタビュー】複数の大株主の存在は、企業のガバナンスにどう影響する?|話者:太田裕貴先生(静岡産業大学経営学部 准教授)|会計研究のフォアフロント

【インタビュー】複数の大株主の存在は、企業のガバナンスにどう影響する?|話者:太田裕貴先生(静岡産業大学経営学部 准教授)|会計研究のフォアフロント


ゼミではRを使った高度な経営分析や、マルシェで模擬店出店も会計の基本的な科目として簿記の3級や2級に相当する科目を、応用的な科目として財務会計やコーポレートファイナンスを担当しています。そのほかにゼミも担当しています。研究領域は財務会計やコーポレートファイナンスです。

ベースにあるのは経営分析をしっかり身につけようという方針です。まずは桜井久勝先生(神戸大学名誉教授)や乙政正太先生(関西大学教

もっとみる
『入門 国際経済Q&A100』『しくみ図解 会計思考のポイント』ほか全15点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年9月25日~10月1日)

『入門 国際経済Q&A100』『しくみ図解 会計思考のポイント』ほか全15点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年9月25日~10月1日)

2023年9月25日~10月1日の中央経済社新刊情報をお届けします!
書影をクリックすると「ビジネス専門書オンライン」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。
「今週の新刊情報」は毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。

9月25日(月)発売

もっとみる
《第1特集》適用済・決定会社268社の対応を調査 IFRS任意適用企業の開示分析/2023年10月1日特大号(通巻No.1689)のラインアップ

《第1特集》適用済・決定会社268社の対応を調査 IFRS任意適用企業の開示分析/2023年10月1日特大号(通巻No.1689)のラインアップ

9月20日発売の旬刊『経理情報』10月1日号(No.1689)の記事ラインアップをご紹介。

気になる記事がありましたら、ぜひご一読を!
定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。

〔第1特集〕適用済・決定会社268社の対応を調査 IFRS任意適用企業の開示分析第1章 この1年で新たに15社が適用
新規任意適用企業の一覧と初度適用時の開示パターン

第2章 リース、収益認識、金融商品、公正価

もっとみる