中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えで…

中央経済社Digital

株式会社中央経済社の編集者によるWebマガジンです。働く皆さんの「気になる」にお応えできるようなコンテンツをご提供します。経済、経営、法律、会計、税務、検定・資格等。(旧:中央経済社note編集部)

リンク

マガジン

  • ジョブ型・マーケット型人事のケース集

    ジョブ型人事を導入する先進企業の賃金の考え方や人材開発がわかるケース ・日立製作所 ・東京エレクトロン ・テルモ ・三菱マテリアル ・三菱ケミカル 執筆 須田敏子(青山学院大学ビジネススクール教授) (注) 本記事は,中央経済社発行の書籍『ジョブ型・マーケット型人事と賃金決定』(須田敏子著)に収録されているケースをnoteの有料記事として販売するものです。

  • 企業会計2023年11月号【特集】経理の生成AI入門

    【収録記事】 ❶ChatGPTが対話できる理由は?  大規模言語モデルの仕組み/高村大也 ❷#経理で生成AI使ってみた  経理の中心で、AIと語る/小澤圭都 ❸#経理で生成AI使ってみた  M&A投資で多額の減損、改善策は?/小野 晃 ❹#経理で生成AI使ってみた  事業報告の作成に挑戦/田中由香里 ❺#経理で生成AI使ってみた  コーディングで定型業務を自動化/稲垣大輔 ❻生成AIの社内利用に係る検討ポイント/成 康豪

  • 旬刊経理情報|会計・税務・法務・経営企画のニュースと解説

    会社実務情報誌『経理情報』(https://www.keirijouhou.jp/)のnote出張版です。 タイムリーに新制度・実務問題の解説をお届けします!

  • 税務弘報

    「税務弘報」は、税制改正はもちろん、税務問題の解説、周辺知識を取り込んだ月刊誌です。税理士、税理士事務所の職員、経理部・総務部員、税務職員、会計研究家の方に特にお薦め。 定期購読のご案内:https://www.chuokeizai.co.jp/koudoku/tax.html バックナンバー:https://www.biz-book.jp/books/category/76

  • ビジネス法務

    「ビジネス法務」は1998年に中央経済社が創刊した企業法務の専門誌です。 創刊以来、机上の議論に終始せず、常に実務・実学の視点を取り入れた誌面づくりを重視し、企業法務の発展と共に歩んで参りました。 近時、国際競争力を高めるためのコーポレート・ガバナンス改革、コンプライアンス概念の敷衍、労務管理にまつわるリスクの高まり、国際的なデータ保護規制への対応など、企業法務を取り巻く状況変化には目覚しいものがあります。 それに伴い、法務部員・弁護士に求められる業務範囲・能力も拡大・多様化しています。 変動の時代にあっても、常に「現場の課題」によりそった誌面作りを目指します。 https://www.chuokeizai.co.jp/bjh/

記事一覧

Webの進化に追いつけない“裏側”のデジタル化 |【連載】メタバース・ビジネスの歩き…

さて、昨今ではメタバースの延長線上で「Web3.0」という概念についての議論が活発に行われてい…

【会計】ステップ2の議論を総括─ASBJ、金融商品専門委

去る9月20日、企業会計基準委員会は第188回金融商品専門委員会を開催した。これまで、金融資…

【会計】監督当局のガイダンス等は結論の背景等で言及も─ASBJ

去る9月21日、企業会計基準委員会は、第487回企業会計基準委員会を開催した。 金融資産の減損…

【会計】改正リース基準は公表後2年程度で強制適用か?─ASBJ、リース会計専門委

去る9月15日、企業会計基準委員会は第121回リース会計専門委員会を開催した。 主な審議事項は…

2022年3月期有報・収益認識開示分析 他|2022年10月10日号(通巻No.1657)|旬刊『経…

9月30日発売の旬刊『経理情報』10月10日号(No.1657)の記事ラインアップをご紹介。気になる…

【立ち読み】『事例でわかる!NFT・暗号資産の税務』|書籍紹介

『事例でわかる!NFT・暗号資産の税務』立ち読み2022年3月30日に,自由民主党デジタル社会…

Webの進化に追いつけない“裏側”のデジタル化 |【連載】メタバース・ビジネスの歩き方(第5回)

Webの進化に追いつけない“裏側”のデジタル化 |【連載】メタバース・ビジネスの歩き方(第5回)

さて、昨今ではメタバースの延長線上で「Web3.0」という概念についての議論が活発に行われています。
そこで今回は、「Web3.0」を考える前に、「Web1.0」「Web2.0」へとどのようにWebが進化してきたのか、その歴史を辿り、それらを踏まえたうえでメタバースや「Web3.0」ビジネスを行ううえで求められるものを考えていきたいと思います。

「Web 1.0」と「Web 2.0」を振り返る「

もっとみる
【会計】ステップ2の議論を総括─ASBJ、金融商品専門委

【会計】ステップ2の議論を総括─ASBJ、金融商品専門委

去る9月20日、企業会計基準委員会は第188回金融商品専門委員会を開催した。これまで、金融資産の減損の会計基準の開発に関し、ステップ2で検討する図表の論点について審議されていた。今回は前回までの審議を振り返ったうえ、今後の進め方について検討された。

■特段の異論はなかった論点図表の⑤・⑥は、IFRS9号「金融商品」の定めをそのまま取り入れることとする。同⑧は、IFRS9号の柔軟性を確認するガイダ

もっとみる
【会計】監督当局のガイダンス等は結論の背景等で言及も─ASBJ

【会計】監督当局のガイダンス等は結論の背景等で言及も─ASBJ

去る9月21日、企業会計基準委員会は、第487回企業会計基準委員会を開催した。
金融資産の減損に関して、第187回金融商品専門委員会(2022年10月1日号( No.1656)情報ダイジェスト参照)に引き続き、次の論点について、議論が行われた。

■監督当局等から示されたガイダンスやレターの考慮専門委員会で、海外の金融機関では監督当局等のガイダンスを踏まえたうえで実務適用していることを前提に、取り

もっとみる
【会計】改正リース基準は公表後2年程度で強制適用か?─ASBJ、リース会計専門委

【会計】改正リース基準は公表後2年程度で強制適用か?─ASBJ、リース会計専門委

去る9月15日、企業会計基準委員会は第121回リース会計専門委員会を開催した。
主な審議事項は次のとおり。

■IFRS16号における設例の取扱いこれまで議論してきたIFRS16号「リース」における設例の日本基準への取り入れ方について、リースの識別に関して次の事務局案が示された。

専門委員からは、「取り入れない設例も、基準本文だけでは理解できない点の理解が進むため、有用では」、「日本基準オリジナ

もっとみる
2022年3月期有報・収益認識開示分析 他|2022年10月10日号(通巻No.1657)|旬刊『経理情報』最新号のラインアップ

2022年3月期有報・収益認識開示分析 他|2022年10月10日号(通巻No.1657)|旬刊『経理情報』最新号のラインアップ

9月30日発売の旬刊『経理情報』10月10日号(No.1657)の記事ラインアップをご紹介。気になる記事がありましたら、ぜひご一読を!
定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。

〔特集〕原則適用初年度の状況は
2022年3月期有報における収益認識の開示分析

第1章
収益の科目名は「売上高」が圧倒的多数
B/S・P/Lにおける表示方法の分析

第2章
計上基準を事業別等に区分した企業が約半

もっとみる
【立ち読み】『事例でわかる!NFT・暗号資産の税務』|書籍紹介

【立ち読み】『事例でわかる!NFT・暗号資産の税務』|書籍紹介

『事例でわかる!NFT・暗号資産の税務』立ち読み2022年3月30日に,自由民主党デジタル社会推進本部NFT政策検討プロジェクトチーム(座長:平将明議員)が「NFT ホワイトペーパー(案)Web3.0時代を見据えたわが国のNFT 戦略」を公表しました。

このホワイトペーパー案は,Web3.0(ブロックチェーン技術等を活用した分散型のウェブ社会。GAFA に代表される巨大プラットフォーマーのような

もっとみる