見出し画像

「M&Aブックレット」シリーズ刊行スタート! 中央経済社今週の新刊情報(2024年6月10日~16日)

2024年6月10日~16日の中央経済社新刊情報をお届けします!
各書影をクリックすると「ビジネス専門書Online」(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます。なお、発売日の3日前から予約受付開始となります。

「今週の新刊情報」は原則、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。


6月11日(火)発売


M&A Booklet シリーズ/いまさら聞けない M&Aってなに?―“たろう”と“はな”が学ぶM&Aの基礎①
M&Aの入門編である「“たろう”と“はな”シリーズ」の1冊目。難解な専門用語があふれるM&Aの全体像を、実務経験のない方にも理解できるようストーリー形式で解説。

M&A Booklet シリーズ/BDDを知る ビジネスDDの全体像と設計―ビジネス・デューデリジェンス個別編Ⅰ
ビジネスDDの本質と全体的な進め方、計画策定から対象会社の実態把握、価値創出・向上策の検討に至る一連の流れについて、分析・検証の実施内容やポイントについて概説する。

M&A Booklet シリーズ/Modelling プロフェッショナル財務モデリング―入門と実践―
学生から財務モデリングを行う担当者まで、財務モデリングとその周辺領域、実務の現場で実際に使用されるExcelショートカットや関数などの基礎をプロフェッショナルに学ぶ。

M&A先の業績改善マニュアル
M&Aの失敗の多くが、M&A先の業績改善指導ができていないことが理由です。本書はM&A戦略を選択した会社が絶対にマスターすべきM&A先の業績改善ための手引書です。

不動産流動化のスキームと会計実務
不動産譲渡側の連結範囲の検討や会計処理、新リース基準案・減損等の実務上の論点、スキームごとの法務上の留意点、さらに不動産取得側の会計・税務まで、50の設例で解説。

6月13日(木)発売


デリバティブ取引の経理入門〈第2版〉
デリバティブ取引の種類や特徴、会計処理、開示をわかりやすく解説した入門書。設例を多く盛り込むと共に内部統制のポイントにも言及。第2版では時価算定基準等をフォロー。

ここからはじめる土地家屋調査士速習テキスト
先輩も読んだ土地家屋調査士試験の定番書が大リニューアル! 土地家屋調査士試験〈午後の部〉の学習内容と対策法を解説。はじめの1冊に最適!

アクティビストの正体―対話と変革を促す投資家の戦略
資本コストや株価を意識した経営が上場企業に要請される中、動きが活発化するアクティビストに対して企業はどう対応すべきか。最新情報を踏まえて著名ストラテジストが解説。

#中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本紹介 #ビジネス書


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!