見出し画像

『入門 歴史総合Q&A100』『監査法人との付き合い方がわかる本』ほか全7点! 中央経済社今週の新刊情報(2023年4月24日~30日)

2023年4月24日~30日の中央経済社新刊リリース情報をお届けします!
書影をクリックするとビジネス専門書オンライン(中央経済社ECサイト)にて詳細をご覧いただけます(発売日の3日前から予約受付開始となります)。
「今週の新刊情報」は、毎週月曜日の朝7時に公開しています。本コーナーをチェックしていただければ、中央経済社刊行の書籍をもれなくフォローすることができます。

note編集部注目の一冊はこちら!
『入門 歴史総合Q&A100』(坂出 健 著)
大人が身につけるべき教養は?と聞かれたら「歴史」と答える人は多いと思います。いつかは「歴史」を学び直したいと思いつつなかなか取り組めずにいる大人もまた、多いと思います。
「歴史」に関する書籍はたくさん出版されていますが、本書の特色は何といっても「現在」から「過去」にさかのぼって解説しているところ。因果関係でいえば、結果を前提にその原因を探っていくというスタイルです。また、本書の終わりから初めに向かって、つまり歴史的時系列に沿って読むこともできます。
全部で100項目のトピックについて、それぞれ見開き2ページでまとめられていますので、1日2項目ずつじっくり読んだとしても、たった2か月で世界史と日本史をおさらいできてしまいます。


4月25日(火)発売


企業法務のためのネット・SNSトラブルのルール作り・再発防止
ネット・SNSを利用するにあたってのルール作り・運用、研修のしかた、社内外のトラブル防止など、今すぐ実践できる予防法を紹介。弁護士としての裁判内外の経験を踏まえた1冊。
業績連動・株式報酬制度を導入したい!と思ったとき最初に読む本〈第2版〉
上場企業で一段と導入が加速している業績連動・株式報酬制度の会計・税務・法務を詳解。第2版では2021年施行改正会社法による株式型報酬の会計処理をフォロー。

4月27日(木)発売


不動産事業者の消費税インボイス登録する?しない?
不動産事業者は、免税事業者との取引が多く、給与所得者の副業のケースも多い。インボイス登録を迷う最たる業種の判断基準を2割特例もふまえ、さまざまな事例を掲げて導く。
債務超過会社における組織再編・資本等取引の会計・税務Q&A〈第2版〉
債務超過会社の組織再編、資本等取引に関する取扱いを解説。親会社と孫会社間の非適格組織再編の取扱い、包括的租税回避防止規定、別表四、五(一)の作成等を追記した最新版。
ストーリー&ケーススタディ監査法人との付き合い方がわかる本
監査人は心配性? 監査の目の付けどころは? 監査報酬の交渉はどうする? など、会社と監査法人の対等な関係をつくるための必須知識を伝授。最後に通信簿で評価してみよう。

4月28日(金)発売


地方創生―デジタルで救う地域社会・経済
地域の特徴を活かした社会・経済を創生するには? 仕事をつくる、人材を育成する、人流をつくる、働き方を変える、地域間/地域内で連携する、などの21事例でわかる。
入門 歴史総合Q&A100
2022年4月から高校必修科目として導入された「歴史総合」。日本史と世界史の近現代を学ぶ科目である。高校生はもちろん大学生、社会人に最適な教養を学ぶための書。

#中央経済社 #中央経済社通信 #書籍紹介 #本紹介 #ビジネス書


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!