見出し画像

【会計】VCファンドの出資持分についての会計処理、新規テーマへ─FASF、企業会計基準諮問会議

去る7月3日、財務会計基準機構内に設置されている企業会計基準諮問会議は第48回会合を開催した。
審議内容は次のとおり。

■前回の基準諮問会議までに提案されたテーマの現状

日本公認会計士協会が提案した「株式報酬に関する会計処理および開示の取扱いの整備」については、実務対応専門委員会にてテーマ評価を行っているが、方向性を見い出せず、未了の状態にあるとの報告があった。
また、同諮問会議委員の監査人が提案した「1人私募投信の会計処理」について、金融商品専門委員会における、「ASBJの新規テーマとして取り上げるには至らない」との評価を踏まえ、提言に至らなかったテーマとして取り扱うこととする提案がされた。審議の結果、提言に至らなかったテーマとして取り扱うこととなった。

■今回提案されたテーマ

⑴ 実務対応報告19号「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い」の改正

同諮問会議委員の学識経験者から、「『当面の取扱い』にもかかわらず、15年以上、抜本的な検討が行われていない」との理由から、会計基準・実務対応レベルとして、次の提案がされた。

実務対応報告19号で規定される繰延資産の会計処理のうち、株式交付費、新株予約権発行費、社債発行費、創立費および開業費の会計処理の検討をする

本提案を受けて、同諮問会議は、ASBJの実務対応専門委員会にテーマ評価を依頼する提案を行い、新規テーマとして提言することが了承された。

⑵ 上場企業等が保有するVCファンドの出資持分に係る会計上の取扱い

一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会から、会計基準レベルとして次のような提案が行われた。

上場企業等が保有するVCファンドの出資持分について、公正価値評価を含む会計処理の検討をする

本提案を受けて、同諮問会議は、ASBJの金融商品専門委員会にテーマ評価を依頼する提案を行い、新規テーマとして提言することが了承された。


〈旬刊『経理情報』電子版のご案内〉

本記事は、旬刊誌『経理情報』に掲載している「情報ダイジェスト」より抜粋しています。
『経理情報』は、会社実務に役立つ、経理・税務・金融・証券・法務のニュースと解説を10日ごとにお届けする専門情報誌です。タイムリーに新制度・実務問題をズバリわかりやすく解説しています。定期購読はこちらから

電子版(PDF)の閲覧・検索サービスもご用意!詳細はこちらから


#中央経済社 #旬刊経理情報 #ニュース #実務

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!