見出し画像

【終了】好評書籍テーマ「テレワーク制度のブラッシュアップ」書籍付きオンラインセミナー|2024年2月20日(火)14時~15時30分〈Zoom開催〉

これからの時代に即したテレワーク制度の見直しポイント

コロナ禍では企業規模の大小を問わず、多くの企業がBCP対策の一環としてテレワークを導入し、在宅勤務を中心としたテレワークが一気に普及・拡大しました。しかし、新型コロナウイルス感染症が「5類」に移行した2023年5月8日以降、テレワークの実施率は徐々に低下しています。アフターコロナにおけるテレワークの取扱いに関しては、働く人の多くが継続実施を望む一方で、企業の方針は二極化しつつあります。
本セミナーでは、これからの時代に即したテレワークの在り方を考え、運用上の課題と対策のほか、テレワーク制度を終了する際の留意点について解説します。


講師紹介

毎熊 典子  氏 (まいくま・のりこ)
特定社会保険労務士

毎熊社会保険労務士事務所代表。日本リスクマネジャー&コンサルタント協会認定上級リスクコンサルタント、日本プライバシー認証機構認定プライバシーコンサルタント、日本テレワーク協会会員。人事労務コンサルティングや労務コンプライアンス監査を得意分野とする。雇用をめぐる企業のリスク対策やニューノーマル時代における労務管理などに関する講演、執筆多数。最新の著書は『テレワーク制度のブラッシュアップ』(中央経済社)等。
https://www.maikuma.jp/

開催日時

2024年2月20日(火)14時~15時30分

プログラム〈予定〉

❶ アフターコロナのテレワーク
1)コロナ禍におけるテレワークの特殊性
2)働く人の意識の変化
3)アフターコロナに向けた企業の対応

❷ テレワーク体制の整備・見直しのポイント
1)テレワーク環境の整備
2)情報セキュリティ
3)労務管理体制の整備
4)規程の整備

❸ 運用上の課題と対策
1)コミュニケーション
2)人事評価
3)メンタルヘルス

❹ テレワーク終了に当たっての留意点
1)テレワークの導入・終了にかかる労働条件の変更
2)テレワークの終了手続き
3)テレワーク終了は慎重に

セミナーの内容は一部変更になる場合があります。ご了承ください。

お申込み

お申込み受付は終了いたしました。

お申込み〆切

2024年2月14日(水)

受講料

3,980円(税込)(書籍代金2,860円と送料含む)
※『テレワーク制度のブラッシュアップ―導入・見直しのポイントと労務管理』をお送りします。申込時期によってはセミナー後にお届けします。
※オンラインセミナーへの参加方法等詳細は、申込後にメールにてご案内いたします。

※書籍購入のみはこちら。


#中央経済社 #イベント #セミナー #オンラインセミナー #ウェビナー #ビジネス法務 #法務 #人事労務

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!