見出し画像

《特集》公開草案段階で何から始める?新リース会計基準の業務・システム対応/2023年10月20日号(通巻No.1691)目次

10月10日発売の旬刊『経理情報』10月20日号(No.1691)の記事ラインアップをご紹介。
気になる記事がありましたら、ぜひご一読を!
定期購読は、こちらからお申し込みいただけます。


〔特集〕                                                     
公開草案段階で何から始める?
新リース会計基準の業務・システム対応

      岡田 泰治(有限責任監査法人トーマツ 公認会計士)
   速水 翔太(有限責任監査法人トーマツ 米国公認会計士)
     鈴木 悠介(有限責任監査法人トーマツ)
     後藤 瞭太(有限責任監査法人トーマツ)

第1章 現行基準との業務フローを比較
新リース会計基準案の概要と実務検討ポイント

第2章 経理・資産管理部門の追加負担への対応は
新リース会計基準案による業務・システムの課題と対応

■編集部コメント

本年5月にASBJから公表された「リースに関する会計基準(案)」。特集「新リース会計基準の業務・システム対応」では、借手企業のリースに関する業務・システム面で想定される課題と対応策を解説。適用はまだ先とはいえ、今から準備を始めることが肝要です。

〔特別企画〕                                           
「同意なき買収」等への対応が明確化
企業買収行動指針で実務はこうなる

■編集部コメント

特別企画「企業買収行動指針で実務はこうなる」では、経済産業省が本年8月に公表した「企業買収における行動指針」の概要と今後の展望、M&A実務への影響の2本立てで解説。昨今、企業価値向上のためにM&Aを検討する企業も増えていますので、実務のご参考に。


〔当局解説〕                                            
経済産業省が8月31日に公表
「企業買収における行動指針」の概要と今後の展望


 保坂 泰貴(前経済産業省産業組織課課長補佐 弁護士)

〔実務解説〕                                            
買収提案の検討、対抗措置発動の許容性など
企業買収行動指針のM&A実務への影響

 松下 憲(森・濱田松本法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士)

〔実務解説〕                                           
FASBが8月23日に公表
「ジョイント・ベンチャーの形成―認識と当初の測定」の解説

 長谷川 茂男(公認会計士)

〔当局解説〕                                               
国税庁の「税務行政2023」の3つの柱とは
Q&A「税務行政のデジタル・トランスフォーメーション」改定の解説(下)

 佐々木 辰実(国税庁 長官官房 デジタル化・業務改革室 課長補佐)

〔実務解説〕                                           
「強い会社」になることが、審査通過の近道
新規上場「直前々期」における管理体制整備のポイント

 杉江 俊志(太陽有限責任監査法人 公認会計士)

■編集部コメント

実務解説「新規上場『直前々期』における管理体制整備のポイント」では、IPOに重要な直前々期(N-2期)までに整えておくべき管理体制を解説!直前々期を何度も繰り返す会社は「永遠のN-2期」と呼ばれ、士気の低下や人材の離脱の原因に。ぜひ本記事で対策を。

〔ビジネス実務相談室〕

経理 資産調整勘定(税務上ののれん)に関する税効果会計 

 吉井 桂一(EY新日本有限責任監査法人勤務 公認会計士)

法務 「修正申告」と「更正の請求」 

 西尾 政行(ライツ法律特許事務所 弁護士)

〔談・論〕

インボイス制度と独占禁止法・下請法

 阿部 徳幸(日本大学法学部教授・税理士)

〔アナリストの眼〕

転職促進の流れとリスキリング

 増田 政紀

〔早わかり ESGトピックス〕

OECD、コーポレート・ガバナンス原則を改訂 他  

田井中 克之(森・濱田松本法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士)

〔「データ分析の森」ガイドマップ〕

【第30回】データ分析の「仕組み」:レベル別!「経理は有利」チャート

 遠藤 武(ボックスコックスネット 代表)

〔米国会計基準 今昔ものがたり〕

【第23回】包括利益と非財務情報

 長谷川 茂男(公認会計士)

〔inほんmation〕

『実戦 非上場会社の敵対的M&A』

 横畠 裕介(元内閣法制局長官)


〈旬刊『経理情報』電子版のご案内〉

本記事でご紹介したコンテンツは、旬刊誌『経理情報』に掲載しています。『経理情報』は、会社実務に役立つ、経理・税務・金融・証券・法務のニュースと解説を10日ごとにお届けする専門情報誌です。タイムリーに新制度・実務問題をズバリわかりやすく解説しています。定期購読はこちらから。
 
電子版(PDF)の閲覧・検索サービスもご用意! 詳細はこちらから。
 
#ニュース #書籍紹介 #経理 #財務 #経営企画 #中央経済社 #旬刊経理情報 #経理情報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!