見出し画像

内部統制リスクを激減させる【英訳付き】チェックリストのダウンロード


本書のご紹介

チェックリストでリスクが見える 内部統制構築ガイド(以下、「本書」)では、項目別のチェックリストを用いながら、「なぜその内部統制が必要なのか」について、リスク対策をわかりやすく解説しています。
2024年4月1日以後適用される改訂内部統制基準等もフォローしているので、ぜひ本書を片手に自社の内部統制構築・見直しにお役立てください。

筆者のご紹介

筆者の菅信浩氏は、あずさ監査法人にて公認会計士として約10年にわたり100社を超える監査業務IPO支援J-SOX導入アドバイザリー等に携わり、内部統制構築をサポートしてきました。その後、大手総合商社に転職し、数百社の子会社等の管理や多数のM&A・PMIへの関与を通じて現場にて内部統制を構築してきました。現在は海外子会社にCAO(Chief Administrative Officer)として駐在しています。

筆者の想い


日本に内部統制報告制度が導入されて15年。本書のなかで菅氏は、内部統制関連の優れた書籍がいくつも出版されてきたと前置きしつつも、次のように述べています。
「「リスク」について内部統制ごとに個別かつ網羅的に丁寧に答えている書籍は非常にまれで(中略)私自身、自社や子会社の内部統制を構築するうえで、そのような書籍が見つからず苦労した経験があります。」
そして、本書執筆の動機として、「私と同じ悩みを抱えた実務担当者のバイブルとなるよう執筆」したと言います。

チェックリストについて


本書に収録したチェックリストは、「付番(No.)」、「チェック項目」、「チェック内容」、「チェック欄」から構成されています。
菅氏が所属する大手総合商社では、海外子会社の内部統制を構築するケースも多いということで、編集部が原稿段階で見せてもらったチェックリストには、英訳が付いていました。
このたび、書籍には収録しきれなかった英訳付きのフルバージョンのチェックリストをダウンロードできるようにし、チェックリスト自体も「実務担当者のバイブル」となるようご用意しました。

チェックリストの目次(シート)


ダウンロードできるチェックリストは、全体を俯瞰できる「項目別チェックリスト外観」(目次のような位置づけです)のほか、下記の12項目です(シートに分かれています)。
・全般的管理
・現預金管理
・小切手管理
・売上債権管理
・仕入債務管理
・棚卸資産管理
・固定資産管理
・有価証券管理
・経費管理
・契約管理
・IT統制
・その他の内部統制

このうち「項目別チェックリスト外観」と「現預金管理」のシートを無料公開します。下記のURLからダウンロードしてください。

ご購入に際しての注意事項


ご購入に際しては下記の点についてご注意ください。
・ファイルの種類
ダウンロードできるコンテンツは、「Microsoft Excel ワークシート (.xlsx)」で作成されたファイルです。
・著作権について
本チェックリストの著作権は本書の著者・菅信浩氏に帰属しております。ダウンロード後のデータは、お客様が自由に編集していただいて構いませんが、第三者への譲渡や販売は禁止です。ご使用の際は自社内に留めてください。
・免責事項
チェックリストのご利用は自己責任でお願いします。チェックリストによってお客様が損害を被った場合、当社及び著作権者はいかなる責任も負いかねます。
・その他
本書に収録しているチェックリストと、ダウンロードできるチェックリストは、付番(No.)や書きぶりに異なる点がございます。あらかじめご了承ください。

※本記事をご購入いただくと、以下のファイルダウンロードエリアが表示されます。

ここから先は

25字 / 1ファイル

¥ 1,650

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!