見出し画像

生成AIの社内利用に係る検討ポイント/【特集】経理の生成AI入門

成 康豪(PwCあらた有限責任監査法人 公認会計士)


(注) 本記事は,中央経済社発行の月刊誌『企業会計』2023年11月号掲載の特集「経理の生成AI入門」をnoteの有料記事として販売するものです。

▶マガジンはこちら

Summary

生成AIの活用には大きな便益が期待できる反面,大きなリスクを伴う。生成AIの社内利用にあたっては,生成AIのリスクを知り,コントロールすることが重要である。本稿では,生成AIのリスクをコントロールするため,生成AIの利用開始前,データの入力時,および生成物の利用時の各段階で留意すべき事項を挙げている。また,生成AIの利用によるインシデントを未然に防ぐためには社内ガイドラインの作成や教育研修など,社内のAIガバナンス構築が必要不可欠である。さらに,情報セキュリティだけでなく知的財産の取扱いについても検討が必要となるため,利用部門,IT部門,リスク管理部門,法務部門が連携して生成AIの導入を進めることが重要となるだろう。

ここから先は

4,083字 / 1画像
この記事のみ ¥ 550
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!